行政書士 社会保険労務士 和田 修事務所 愛媛県の建設業許可申請の代行。
面倒な建設業許可申請は当事務所にお任せください。労働保険・社会保険・会社設立(法人化)も対応可能。

行政書士 建設業許可 代行
行政書士 和田 修事務所 愛媛県 建設業許可 愛媛県松山市北斎院町428番地


建設業許可とは
許可が不要な場合
許可の分類
建設業の種類
主任技術者
Q&A
建設業変更届
事業年度報告



まずご確認ください
経営業務管理責任者
専任技術者
財産要件
誠実要件
現在自営業の方へ





行政書士・社会保険労務士には法律により厳格な守秘義務がございます。安心してご相談ください。


料金表
個人情報保護方針
特定商取引法表示









相互リンク


ご注意
 当サイトは愛媛の建設業許可の専門サイトです。建設業許可は各都道府県で、かなり取扱いが違いますので、他県の方はご注意ください。
 愛媛県以外の建設業許可についてのご質問・ご相談はお受けしかねますので予めご了承ください。


主任技術者・監理技術者

 建設業許可を受けている建設業者は、工事現場に技術上の管理者として「主任技術者」または「監理技術者」を設置する義務があります。(元請・下請を問わない)。
 通常は主任技術者となりますが、以下の場合は監理技術者を置かなければなりません。
監理技術者
 特定建設業で、元請となり、その工事に関して4000万以上(建築工事は6000万)の下請けを出す場合。
ということは逆にいうとそれ以外は主任技術者でよいことになります。
@下請けを使用しない場合
A4000万(建築は6000万)以下の工事を下請施行させる場合
B下請けとして施行する場合(この場合、金額は問わない)

主任技術者要件
 一般建設業の専任技術者と同じ

監理技術者要件
 特定建設業の専任技術者と同じ(ただし指定建設業の場合は国家資格者に限る)

技術者の工事現場の専任
 主任技術者または監理技術者は「公共性のある工作物に関する重要な工事」については工事現場ごとに専任でなければなりません。つまりその現場につきっきりでなければならないということになります。

公共性のある工作物に関する重要な工事とは?
 請負金額が3500万(建築一式工事は7000万)以上で、個人住宅に関する工事を除きほとんどの工事が対象になります。

専任技術者と主任技術者(監理技術者)との関係
 「営業所における専任の技術者の取扱いについて」という通達により、許可業者の営業所の専任技術者は原則として現場に設置する主任技術者・監理技術者となることはできません。










Copyright(C) 2005.[行政書士 社会保険労務士 和田修事務所] All right reserved.
当ホームページに関する著作権は当事務所が独占的に有しております。
内容の一部または全部の無断転載・転用等を禁じます。
当サイト記載情報の利用に関しては自己責任でお願いいたします。

当サイトはリンクフリーです。報告も不要です。